The Gold Experienceは黄金体験。

ではThe Hate Experienceは?
憎悪体験?嫌悪体験?
愛憎体験?犯意体験?
私は犯意体験と呼んでいます。

👁
Hate U
解説付き

 

U have just accessed The Hate Experience
Do U wish 2 change your entry'
Very well, please enjoy your experience

"ヘイトエクスペリエンス"

です

エントリえたい場合

──承知しました

どうぞ

エクスペリエンス 

しみ下さい──



I never thought that U would be the one
After all the things that we've been through
U gave your body 2 another
in the name of fun

I hope U had some baby, if not, boo hoo 

君がこんな女だとは思いもしなかった

二人でこれまで
なんとかやってきたってのに

君はお楽しみというお題目で

その躰を他の男に委ねてしまった

赤ちゃん デキてるといいね

そうじゃなかったなら──泣いちゃうぜ



t's so sad but I hate U
like a day without sunshine
It's so bad but I hate U
cuz U're all that's ever on my mind
Honey, I hate U
Now everyday would be a waste of time

Cuz I hate U 

「そんなの悲し過ぎる」

でも僕は君が嫌いだ

陽の光が射さない一日みたいに

「そんなの酷過ぎる」

でも だからこそ僕は君が憎い

今尚 君の全てが心に居座ってるから

愛しいヒト 僕は君が大嫌いだ

今や毎日が時間の無駄になってしまう

だって僕は君が嫌いなんだから

 

I never thought that I could feel this way
2 fall in love was a table reserved 4 fools
Say U're sorry if U wanna but it's all in vain
I'm out the door sweet baby
that's right, we're through

自分がこんな感情に苛まれるなんて

考えてもいなかった

恋に落ちるのは
バカな奴だけだったハズ

謝りたければ謝れよ

だけどそんなモノ


──
全部無駄だ             

    くだらない──

 

僕はもうドアの外

最愛のヒト

そのとおりさ

僕ら
もう終わったんだ

It's so sad but I hate U
like a day without sunshine
It's so bad but I hate U
cuz U're all that's ever on my mind
Honey, I hate U
Now everyday would be a waste of time
Cuz I hate U

「そんなの耐えられない」

だから僕は君が嫌いだ

陽の光が射さない一日みたいに

「そんなの納得できない」

だからこそ僕は君が憎い

今尚 君の全てが心に居座ってるから

愛しいヒトよ 僕は君が大嫌いだ

今や毎日が時間の無駄になってしまう

だって僕は

君が嫌いなんだから

 

This court is now in session
Would the defendant please rise'
State your name 4 the court
Never mind (Billy Jack Bitch)
U're being charged with one
2 many counts of heartbreaking
In the 1st degree
I don't give a damn about the others
My main concern is U and me

ただ今開廷中

被告*¹は起立し

裁判官に名前を述べて下さい

「ほっとけよ」
(ビリー・ジャック・ビッチ

被告人*¹は数えきれない件数の

第一級の傷心罪で告訴されています

他の連中なんてどうでもいい」

最大の関心事は君*²と僕*¹のこと

Your honor, may I call 2 the stand
my one and only witness'
A girl that know damn well
she didn't have no damn business

 裁判官様 唯一の証人*²を

証言台に呼んでもいいでしょうか

彼女*³が事件には無関係だったと

よく知ってる女の子*³を

 

I know what U did
how U did it and uh.. who U did it with
So U might as well plead guilty
cuz U sure can't plead the 5th

君*²が何を どんな風に 誰としたのか

僕*¹にはわかってる

黙秘権の行使は許可されていないんだ

己*²の罪を認めなよ

Now raise your right hand
Do U swear 2 tell the whole truth
Not the half truth like U used 2
so help U God'

さあ右手を上げ

真実の全てを語ると誓いますか?

半端な真実ではなく

かつてのように

そうすれば

 

「神も君をお救いくださるのでは?

Nod your head one time if U hear me
If U don't, I'll have 2 use the rod
Anything 2 make U see that uh..
U're gonna miss me
Yeah, U're gonna miss me

Uh, uh, uh, oh!

聞いているなら一度 頷いておくれ

聞いてないなら

「鞭を使わなきゃ」

そのうち僕が恋しくなる
って躾ける為なら

手段は問わない」

そうさ

 

きっと君は僕が恋しくなる

If it please the court
I'd like 2 have the defendant place
her hands behind her back
So I can tie her up tight and get into the act
The act of showing her
how good it used 2 be
I want it 2 be so good
she falls back in love with me

法廷がお望みとあらば

被告*²の両手を

後ろ手にキツク縛り付け

 「コトに及ぼう」

ソレが如何に素晴らしいモノだったのか

彼女に知らしめ

彼女と僕が再び恋に落ちますよう

請い願いながら



Close your eyes
I'm gonna cover your ass with this sheet
And I want U 2 pump
your hips like U used 2
And, baby, U better stay on the beat
Did U do 2 your other man
the same things that U did 2 me'

目を閉じて

シーツで隠してあげるから

昔みたいに動いておくれ

そしたら ねえ

そのビートで

 

「奴にも僕と同じコトしたのかい?」

 
Right now I hate U
so much I wanna make love until U see
That it's killin' me, baby, 2 be without U

Cuz all I ever wanted 2 do was
2 be with U ... ow!

今じゃ君が大ッ嫌いだ

君抜きの人生なんて

生きながら死んでいるようなモノだと

君にも分かるまで愛してやりたい

何故なら 僕が唯一

ひたすら求めていたのは

ただ君の傍で
共に生きる事なんだから

 


I hate U (I hate U)
Because I love U (Because I love U)
But I can't love U (I can't love U)
Because I hate U (I hate U)
Because I love U
I love U, baby
I love U {x3}
I love U cuz U're all that's ever on my mind

I hate U because I love U

君が嫌いだ
(君が憎い)

何故って

「愛しているからさ」

(今も君を愛してるんだから)

けど僕には君を愛せない
(君を愛せない)

何故なら僕は
君が大嫌いだから
(君が憎い)

何故って

愛しているから」

愛してるよ
愛しい人

愛してる
君が大好きなんだ
愛してる

僕は君を愛している

だって今尚 君が
心に棲んでるくらいなんだから

君が大嫌いだ

何故って

 

──愛しているからさ──

解説
*¹がこの歌の主人公
*²がヒロイン。

*³は裁判とは関係ない、冤罪をかけられた?
第三者、赤の他人。
またはヒロインの浮気相手の本命の女?
浮気相手が他に抱いていた女の可能性もある。
これまた心に傷を負った主人公を支えた女の子
という線もあり得る。
後述の復讐に協力してくれた女性の可能性も。

裁判のシーンで「は?意味わからん」
となった人が殆どだと思うので
全体を含めてストーリーの解説をします。

ただしドエロ注意。かなりエロいです。
胸糞です。R18な露骨な言葉を使わざるを得ない為
ご容赦ください。
興味のある方は下へスクロール。
18歳未満は帰れー!










































































































































↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
















































































































































































































































































































はい、建前は十分でしょう。
このお話は例えるなら、プリンスが音楽家でなく
自分は官能小説家になっていたかもという発言通り
彼の官能小説家としての一作品とも言えるでしょう。
又かなり長いので、時間がない方は
これ以降は読まなくとも大丈夫です。

主人公とヒロインは
様々な出来事…喧嘩やトラブル
好きなものの違い
嫌いなものの違い
習慣や感覚の違いなどを
危うい場面はあったものの
ある日まで支え合い
愛し合って過ごしていました。

しかしある日
ヒロインの浮気が発覚します。
それは人伝に聞いて
知ったのかもしれないし
元々疑っていて いざ
調べたら発覚したのかも
偶然にも目撃してしまったのかも
自宅に帰ったら鉢合わせたのかも
友人を訪ねたら鉢合わせたのかも
痕跡を見て問い詰めた結果
又はヒロインが酔って
告白したのかもしれません

そして注目していただきたいのは
「赤ちゃん デキてるといいね」
という一節です。
オトナのエチケットをキチンと
装着していたなら
こんな言葉は出ない様な気も
しませんでしょうか?
まあオトナのエチケットをしても
確率的には出来る可能性も
ある為、不自然ではありません。

ここで理解に役立つのが
Acknowledge Meです。
Acknowledge Meの和訳では
アヤフヤな表現で終わらせましたが
Acknowledge MeとI Hate Uは
非常に近い内容であり、同じ経験
同じ、又は近いインスピレーション
を元に書かれた曲だと理解出来ます。
(Acknowledge Meの
「その躰を他の男に委ねられたんだ?」
という歌詞を見るに確実です。)
さて、見ていただきたいのは
この一節。
There ain't another fish in the sea

Acknowledge Meの和訳では
「まさか君は…別の男になんて
許してなんていないだろうな?」
とフンワリ訳しましたが
これをドロドロそのまま訳すと
「まさか膣内射精まで
許しちゃいないだろうな?」
となります。(※海を膣内、
別の魚を別の男の精液と解釈。
[君の川が海になるまで]
(When 2 R In Love)
という表現も前例にある為確実。)

長々と解説しましたが要するに
ヒロイン中出しされてやがるぅー!!
という事です。


さて、浮気、生、中出しの三拍子揃って
しかも、しかもです、酒に酔って、だとか
薬盛られただとかそう言った事情も
レイプでも無く快楽目的の浮気です。
最悪ですね。
主人公こと我らがプリンスは曲中で
良く寝取られてるのでさもありなん。

そんな主人公は衝撃の浮気に
鬱状態になってしまいます。
恋に落ちるのはバカな奴だけだったハズ
とか言い出すほどです。
ヒロインは必死に謝罪しますが、
主人公はくだらん!
俺らもう終わったんだァーッ!!!
と相手にしません。
さて、そんな2人でしたが
問題の裁判のシーンの解説に入りましょう。


開廷した裁判。
これは恐らく主人公が浮気相手を
思い詰めた結果復讐し、殺ったか
殴ったか、その他の方法で復讐したか
の結果起こった裁判だと思われます。

被告こと主人公は
第一級の傷心罪という
架空?の罪状で告訴されています。
要するに主人公は浮気相手に
精神的な復讐をした件
過去に様々な人々を傷付けた件
で法的に呼ばれたようです。

プリンスの宗教観を鑑みるに
最後の審判の可能性も大きい。
ここを見るに暴力沙汰では
無い可能性が高いですが
浮気?殺す!な方々は
落ち着いて主人公が浮気相手を
ブチ殺している可能性を祈りましょう。

さてさてそんな主人公は
「ほっとけよ」
「他の連中なんてどうでもいい」
とかなりヤバイ発言を繰り返します。
ヒロインと僕以外どうでもいいと狂気がヤバイ。

裁判が進む中、被告、主人公は
先程の言動と打って変わって急に裁判官を
様付けで敬語を使い始め、
*³の女性が事件には無関係だと
証明する証人、ヒロインを証言台に求めます。

突然、又は必然的に証言台に立った
ヒロインを主人公が問い詰めます。
「そもそもお前が浮気相手と
中出しセックスしたのが悪いんじゃろがい!」
「ほら!黙秘権?許可されてませーんwww
罪を認めろ!!」
「真実を語れば神も君をお救いくださるのでは?」
中々言ってる事ヤバイですが、
最後の審判の一幕説がここでその信憑性を高めます。
ヒロインが頭おかしい主人公にドン引きしてか、
主人公を無視。

(Acknowledge Meの主人公の様に)
無視された主人公は
鞭を持ち出して裁判所内で
SM調教プレイを突然始めます。
「きっと君は僕が恋しくなる!!」
興奮が頂点に達した発狂覚醒主人公は
「法廷がお望みなら緊縛セックスしてみせるぜ!」
と謎宣言。
「俺とのセックス最高だろ?」
「きゃー主人公君素敵ー!」
とヒロインがッ 再びッ
自分に惚れるまで 腰を 振るのを やめないッ!
とディオに殴りかかるジョジョの奇妙な冒険の
ジョナサンの如く腰を振る主人公…。
ここで主人公が現実に戻ったと解釈するか、
そのまま裁判が続く(最後の審判ルート)
と解釈するかで分岐します。

エロゲーか!!!
というツッコミは甘んじて受け入れるとして

トゥルーエンド
「今までの裁判の遣り取り全部妄想です」ルート
では、(ここからが現実)ヨリを戻したのか
ヒロインとコトに及ぶ主人公。
「シーツで隠してあげるから
昔みたいにまた動いてよ」
「そうそう、そのリズム!」
「でさ、ねえ奴にも僕と同じコトしたのかい?」

怖いー!現実に戻っても発狂主人公は健在ッ!!
主人公「僕の望みは君の側で
君と共に生きることだけだよ(暗黒微笑)」
「君が嫌いだ、何故って愛してるからね!」
これ完全にヒロイン監禁されるか
心中させられるルートですね!!!ありがとう!!!



さてお次はバットエンド、
最後の審判ルートです!!
法廷にシーツがある不自然ささえ無視すれば、
SMプレイの後に
いきなり優しさを見せ始めた
主人公に違和感はありません、
だって彼発狂してるもの!!!

さて、トゥルーエンドと
「奴にも僕と同じコトしたのかい?」
まで同じように進みます。
そして「君抜きの人生なんて
生きながら死んでいるようなものだ」
という僕の気持ちが君に伝わるまで再び
腰を 振るのを やめないッ!
主人公「愛してるよ!」
「ずっと一緒だよ!そう!地獄でもね!!!」

怖い!!!!衝撃のラスト!!!
どっちのルートもヤバイ!!!

そして一番ヤバイのは一曲の解説に
3000字くらい書いてる私です!!!ヤバイ!!!
最後までお読み頂きありがとうございました!
浮気!ダメ!!絶対!!!


追記
新ルート→真エンド
このルートでは最後まで全て
ヒロインに浮気されて破局した
ブルーな主人公の妄想であった
という単純かつハッピー?で、
極一般的な結末を迎えます。
何故このルートを
思いつかなかったというと
単純に疲れてました、ええ